pesca世界最大の湿原パンタナールには、黄金の魚、ドウラードをはじめピンタードなど世界中の釣師にとって憧れの魚など、約450種の淡水魚が棲息している。10数年前ほど前には、驚くほど釣れた魚も最近は、乱獲や、環境悪化のために減少の一途にあり、キャッチ&リリースが呼びかけられている。保護の一環で持ち帰ることのできる大きさが魚ごとに決められており、それに満たない大きさの魚は放流しなければならない。ピラセマ(産卵期)時期には禁漁になっており、その期間は毎年、野生動物管理局(イバマ)によって発表されている。川によってはキャッチ&リリースが許可されている。エサは主に活餌が使われる。ツヴィラ、ピランボイア、ランバリー、ミミズなどで現地の活餌屋で販売されている。ルアー釣りもできるが、ルアーは現地で購入すると高いのでできれば、日本で購入してくるのが良い。

天気予報

提携