lencois_homeレンソイス・マラニェンセス国立公園 

Parque Nacional dos Lençóis Maranhensesサン・ルイスから約260kmにあるレンソイス・マラニェンセス国立公園には広大な砂丘が広がる。その広さは155000haにも及びグランジサンパウロ(サンパウロ首都圏)とほぼ同じである。毎年、1月~6月の雨季に降った雨が溜まり、砂丘に数百個の池ができる。空から見ると、その池の水はエメラルド色に輝き、見る 者の心を奪うほど神秘的な光景である。砂丘の下には水が流れており、このため池ができるといわれている。最近は天候不順で、池の水があまりたまらなくなったという。この神秘的な自然を守るため、1981年にレンソイス・マラニェンセス国立公園(Parque Nacional dos Lençóis Maranhenses)が作られた。

 

この公園のアクセスの中継地として砂丘に面したバレリーニャという小さな町があり、ここから砂丘ツアーや川下りツアーなどさまざまなツアーが出ている。この町へのアクセスはバス(約3時間)がある。以前は飛行機便があったが、空港が閉鎖されたため、今は運行していない。この公園への観光が本格的に始まったのは97年からで、宿泊施設などまだまだ観光地の整備は完全とはいえない。観光地化されていない反面、楽しめる部分も多く、できるだけ早い時期に 行くことをお勧めする。平均温度は28~33度。ツアーなどにはミネラル・ウォーター、サングラスや日焼け止め 携帯をお勧めする。池では泳ぐことができるので水浴びしたい人は水着でいくのが良い。

サン・ルイス São Luís – MA
luis 飛行機を降り立つと、時間の流れは、サン・ルイスのゆったりとした流れになる。そう感じるほど、サン・ルイスは、のんびりとした町なのである。サン・ルイス島にある州都サン・ルイスは、400年前にフランス人のダネイル・デ・ラ・タイシュ(Daniel de La Touche)が、植民地を南米に創る為、入植したのが始まりで、ブラジルで唯一フランス人によって作られた町である。その後、オランダ人が、サン・ルイスをフランス人と争った。1615年にフランス人はポルトガル人に追い出され、最終的にはポルトガルの植民地となった。このような複雑な歴史から、先住民のインディオとフランス人、オランダ人、奴隷として連れてこられたアフリカ人そしてポルトガル人などの文化や風習、血が混じり合い、人種構成も非常に複雑なものとなっている。特に、建物や料理、音楽などは独特の発展を遂げた。砂糖と綿花の輸出港として繁栄したこの町は、裕福なポルトガル人が金にあかして豪奢な邸宅をたて、旧市街地の建物の正面の壁は美しいタイルで装飾されたものが多い。

旧市街地は、ユネスコの世界遺産にも選ばれ、その雰囲気は、ちょうど、サルバドールの、改修される前のペロリーニョのようで趣がある。

レゲエの影響が強いことから、サン・ルイスは「イーリャ・デ・アモール(愛の島)」「イーリャ・デ・レギ(レゲエの島)」「ジャマイカ・ド・ブラジル(ブラジルのジャマイカ)」とも呼ばれ、週末にはいろんなところで、レゲエの生演奏が行われている。6月末には、国内でも有名なブンバ・メウ・ボイ(Bumba-Meu-Boi)やタンボル・デ・クリオラ(Tambor de Criola)の踊りが行われ、多くの観光客が訪れる。

赤道直下に位置し、7月~12月は夏、雨の時期は1月~7月、1年中暑い町である。ちょっと変わったブラジル、まだあまり知られていないブラジルを見たいという人にはぴったりの町である。

天気予報

提携