インビツーバ Imbituba
imbituba3 ホエール・ウォチング Observação de Baleias

イビツーバ付近の海は6月~11月にセミ鯨がお産をしにやってくる。調査によるとシーズン中は176頭もの鯨がいるそうで、最近はホエール・ウォチングのツアーも出るようになりイビツーバは全国で鯨の町として有名となった。

セミ鯨は成長したもので全長12~15m、重さ40t程、温和で非常に好奇心が強く、観光ボートのすぐ近くまで寄ってくる。諸外国では鯨との事故を時たま聞くが、ここのセミ鯨はおとなしく今まで一度も事故はないそうである。ツアーの所要時間は1時間半~2時間、ツアー会社で、カッパ、救命具は用意されているが、冬の海は寒いので防寒具は持参した方が良い。9月頃がベストシーズン。

 

ポウザーダ・プライア・ド・ローザ Pousada Praia do Rosa

2万㎡の緑豊かな広い敷地内に28のバンガローと14のコテージ風の家がある。バンガローの方は少々旧式であるが、家の方は新築で2家族~3家族が宿泊できる。冷蔵庫~洗濯機まであり、さらに海を見ながらの風呂やハンモック付のベランダ、シュラスケイロまであり、快適なひと時を送ることができる。海岸までも近く、サーフボードの貸し出しやレッスンもある。仲の良い友人ご家族と一緒に使いたくなる素敵なポーザーダである。

imbituba2
イタジャイー Itajaí
itajai 港町として発展したイタジャイーの町は、木材の積出港として一時期栄えたが、木材の減少とともに衰退した。その後、サンタ・カタリーナ州の経済発展に伴い次第にイタジャイー港も発展していった。現在はサンタ・カタリーナ州で産出される木材と木材製品、冷凍鶏肉(ブラジル最大の輸出港)、セラミック、機械及び機器、タバコ、自動車、繊維、砂糖、冷凍肉などが世界各地に積み出しされている。漁港としても知られ、日本のマグロ船の基地としても利用されている。町のイベントとしてはマレジャーダ(魚祭り)が有名。
海岸 Praias
praias ジュレレー海岸 Praia de Jurerê

ホテル、レストランやクラブなどがある。温かくて波は静かなので、マリンスポーツが出来る。市内から23km、海岸の全長3,2km。

 

ジョアキーナ海岸 Praia de Joaquina

ジョアキーナ海岸は国際的にサーフィンで有名な海岸で、毎年、多くの大会が行われる。ジョアキーナと言う名の女性がこの海岸で溺れて死んだという伝説からこの名前が付いた。この海岸にはライフセーバー常駐し、夜にはイルミネーションがある。

バーやレストランなどがあり、たくさんの若者が訪れる。セントロから15km、海岸の全長1km。

 

フォルテ海岸 Praia do Forte

ダニエラ海岸とジュレレー海岸の真中にある。1740年にサン・ジョゼ・ダ・ポンタ・グロッサ要塞が造られ、1992年に改装された。市内から27km、海岸の全長400m。

 

イングレーゼス海岸 Praia dos Ingleses

昔、イギリス(INGLÊS)の船がこの海岸で沈んだと言う伝説から名づけられた。バー、レストラン、お店、ホテルや貸出しの家などがあり、観光客向けの設備が一番整っている。海岸の全長5km、セントロから36km。

praias2
praias3

天気予報

提携