brasilia_home

サバナ気候に属するセラード地帯のまっただ中に造られたブラジアリアは、ほぼブラジルの中心に位置する超近代的都市である。

当時の大統領クビシェッキが、ブラジル・セントラルの開発と発展を唱え、リオ ・デ・ジャネイロから遷都を推進した。何もないセラードに都市を造るというその強引さと、発想の奇抜さはまさにブラジルならではといえる。建設は1956年から始まり、バイアやノルデステ地方からの労働者6万人が24時間体制で働き、道のない当初はベロ・オリゾンテから飛行機で資材を運んだという。1960年に飛行機の形をした計画都市が完成した。

ブラジリアを計画した建築家オスカー・ニーマイヤーは、この都市の住民を政府機関で働く人々と考え、人口50万人の予定で町を造ったが、現在ではさまざまな職業の人々が増加し60万人を超え、周囲に衛星都市が次々と造られている。住所はすべて区画ごとにアルファベットと数字で表わされる。分かりやすい反面冷たい感じがするのも事実である。

ブラジリアに入って驚かされるのは、その道の広さと度肝を抜くようなデザインの建物である。カテドラル、国会議事堂、裁判所など、そのほとんどはオスカー・ニーマイヤーがデザインしたものである。町全体が彼の巨大な作品と言っても過言ではない。

天気予報

提携