igu_BR17万haが国立公園に指定されている。公園の入り口で入場料を払い、専用のバス(10~20分おきに運行)で滝に向かう。バス乗り場は、Poço Preto、Macuco Safari(ボートツアー)、遊歩道入専用バス口、遊歩道出口、ポルト・カノアがあり、滝に行くには遊歩道入り口で降りれば良い。川に沿って作られた1本道を進んでいけば約30分~1時間で一番奥の滝に到着する。その間、数カ所の展望台があり、クアチ(鼻熊)なども現れ楽しませてくれる。アライグマの尻尾と豚のような鼻を持ったこのおかしな動物は人なつっこく、かわいいが、少々荒っぽので食べ物が入った小さな袋などはひったくって林の中に逃げ込んでしまうこともあるので要注意。万一、噛まれた場合は、狂犬病の恐れがあるので病院にいった方がよい。滝からもうもうと立ち上る水煙を含んだ風が吹き付ける展望所では、時間によってはすばらしい虹を見ることができる。また最後の展望台では、轟音とともにキラキラ輝くガラスの破片のような水塊が流れ落ちる様子をすぐまじかで見られる。その様はいつまで見ていても飽きない。まさに自然の芸術。

天気予報

提携