belem_home

ベレンはアマゾン河の河口南岸にある、ブラジル北部で有数の人口が多い町である。年間を通じ最高気温は30~32℃、湿度は80~90%前後 の、高温多湿の気候であるが、風が絶えることなく吹き、その温度と湿度ほどには暑さを感じない。

1616年ポルトガル人がカステロ要塞を築いたのがこの町の始まり。19世紀終わりから20世紀はじめのゴム景気の頃はマナウス同様町は繁栄し、マナウスのテアトロ・アマゾナスに負けず劣らず美しいテアトロ・ダ・パスや、南アメリカ最大の市場、 ヴェロ・オ・ペーゾ市場、アントニオ・レーメ宮殿など、贅を尽くした建物が造られた。

インディオとの混血を中心に、混血約65%、白人約27%、黒人(7%)、その他(1%)が住んでいるといわれ、日系人は約3000人。大きな日系団体があり、友好病院や老人ホームなど、活発な活動が行われている。

ベレンの食べ物は、一風かわっており、その中でもマンジョッカ芋の粉や絞り汁と河魚を中心とした料理は興味深い。タカカやマニソバ、パット・ノ ・ツクピーなどベレンならではの料理 である。

天気予報

提携